活きた金の使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

みちのくひとり旅 その二

その一から続き。
鶴ヶ城を攻略した後、次の目的地に向かう。

会津若松といえば白虎隊、ということで、白虎隊自刃の地、飯盛山へ。
と、その前に、造り酒屋の末廣酒造に立ち寄って、大吟醸 「玄宰(げんさい)」をゲット。数々の鑑評会で賞を獲得している銘酒だ。

末廣酒造。入って奥のほうに醸造所(嘉永蔵)があり、頼めば予約無しでも無料で見学できる(従業員さんの説明つき)。左手に直売所がある。杏蔵を改装した喫茶店もある。




先日、日本酒好きの友人宅で呑んだけど、めちゃくちゃうまかった!薫りはふくよか、味は濃厚で少し辛めだけど呑みやすい。たまたま他の日本酒もあって呑み比べたけど、差が歴然としすぎて比べものにならなかった。二人であっという間に空けてしまった。

そして飯盛山。戊辰戦争の際、少年兵として戦った白虎隊士が、城下町の火事を落城による出火と勘違いし、総勢20名が絶望して果てた場所。WiKi先生で調べてみると・・・白虎隊

売店が立ち並ぶ階段(登るのがきつい人用に、横にベルトコンベアがある。但し有料。)を登りきると、そこは周りが杉林で囲まれた平らな広場になっていて、そこに白虎隊士の墓がある。

戊辰戦争で自刃または戦死した婦女子200余名を弔う会津藩殉難烈婦碑。白虎隊は有名で知っていたが、婦女子も武器を手に戦ったことは知らなかった。合掌。



白虎隊士の墓。ズラリと並んでいる。合掌。



ムッソリーニ寄贈の古代ローマ碑。



登ってきたところから左手に降りていくと、自刃の場所に出る。隊士の屍骸は、官軍に刃向かった逆賊として当初打ち捨てられていた。腐乱死体、やりきれなくて、なんとも悲劇的だ。

自刃の地に建つ白虎隊士の像。眺めている方向に鶴ヶ城がある。この像の横に白虎隊殉難士各霊塔がある。合掌。



自刃の地から鶴ヶ城の方向を望む。鶴ヶ城は確認できず。。



元来た道を戻って再び広場に出、今度は右手に降りていくと、国指定重要文化財のさざえ堂(BGM音注意!)がある。その名の通り、さざえの殻のような二重螺旋構造で、上り下りをすれ違うことなく行き来できる、とても面白い建築様式。嘗て、中に西国三十三観音像が安置されていた。ここを廻るだけで擬似的に三十三観音参りをしたことになるというわけ。

さざえ堂。下の券売所のおばさんが、人が来ると問わず語りに案内を話し出す。一日何回言っているかカウントするのも乙だと思った。



さざえ堂内部。ここは丁度一番上。中を歩いているだけではどんな構造になっているのか分からない。人の声は聞こえるけどすれ違うことはない。うほっ、うほって感じ。



さざえ堂を出て階段を下ると、「天高し ピサの斜塔とさざえ堂」の成瀬桜桃子の歌碑(さざえ堂は目の錯覚で傾いて見える。)があり、その横に白虎隊士が戸ノ口原から脱出してきた洞穴がある。

戸ノ口堰洞穴。今にも傷付いた隊士が出てきそうな雰囲気。



洞穴から緩やかな坂を下り、左手に折れて白虎隊記念館へ。一階は膨大な展示品が雑然と並べられている。白虎隊関連のほかに、武家の娘達で構成された娘子軍、新撰組の近藤勇、土方歳三の遺品などなど、個人的に興味を惹かれる資料が揃っていて、またまた長時間見入ってしまった。二階には土井晩翠関連の資料があり、白虎隊のアニメビデオも上映されている。

飯盛山、すごく見応えがあって良かったぁ。特に、喉を突いてのち蘇生した飯沼貞吉、この人のその後の人生にとても興味がある。一人だけ生き残った後ろめたさ、周囲の非難を込めた視線、どんな気持ちで生き、そして死んだのだろうか。

飯盛山をあとにして、福島県を西へ、喜多方に向かう。

その三に続く。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/04(土) 18:25:31|
  2. 紀行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<みちのくひとり旅 その三 | ホーム | みちのくひとり旅 その一>>

コメント

おしりさん、さざえ堂のBGMってすごく気になるな~ぁ・・・。
日本にはまだまだ知らないところが沢山あるって
思っているわたし、旅行なんてぜんぜん行ってないな~ぁ。いつかゆっくりと行ってみたいところは沢山あるけれど、まだまだ無理だな~ぁ・・・・。
  1. 2006/11/09(木) 20:39:18 |
  2. URL |
  3. AKIKO #-
  4. [ 編集]

AKIKOさん

さざえ堂のBGMは結構癒し系ですよ(仕事中にクリックする人がいたら音が出て周囲に迷惑が掛かるので注意書きしました。)

私も日本で行っていないところがいっぱいあります。時間に余裕があれば、すぐにでも生きたいところばかりです。
  1. 2006/11/15(水) 19:37:17 |
  2. URL |
  3. おしり #-
  4. [ 編集]

おしりさん・・・、今聞いてみた!なんか癒しだね!
眠たくなってきた~~~ぁ(笑)
  1. 2006/11/15(水) 20:17:18 |
  2. URL |
  3. AKIKO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockisdead.blog13.fc2.com/tb.php/77-5181421d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おしり

今朝のBGM

Scratch (初回限定盤)(DVD付) Scratch (初回限定盤)(DVD付)
木村カエラ (2007/02/07)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今読んでいる本

華麗なる一族〈下〉 華麗なる一族〈下〉
山崎 豊子 (1970/05)
新潮社
この商品の詳細を見る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

upする予定の記事


・みちのくひとり旅(紀行)
・LOUD PARK 06(HM/HR)
・飛竜山(登山)
・マレーシア紀行(紀行)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。