活きた金の使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たがや

五代目古今亭志ん生「たがや」

今日は花火の季節なので花火の落語のうわさを一つ。

江戸時代の花火は5月28日。年に一辺だけだった。

花火がどーん!と上がると、「たーまやー!」と掛け声がかかる。

花火の製造元には玉屋と鍵屋があるが、どうも掛け声には玉屋が多かった。

「橋の上、玉屋、玉屋の声ばかり、なぜ鍵屋と言わぬ情(錠)なし」

という歌があるとか。

花火の当日の両国橋は、花火見物の客でごった返していて、どうにも身動きが取れない状態になる。

また、そのころの武士の権勢は大したもので、往来で無礼打ちにされても下々のものは文句も言えない。



いま、花火見物の客で混み合う両国橋を、本所の方からこっちへ渡ろうとする旗本が、供の侍を三人前に従えて、無粋にも「どけぇっ!どけぇっ!」とやってきた。

橋にいた人達は押されても相手が武士なので文句は言えない。

すると、反対に本所の方へ渡ろうとするたがや。

仕事帰りで道具箱の先にたがの結んだのを引っ掛けて、

「ごめんなさいよ!」と通るところへ、

人混みに押されて道具箱を落としてしまい、その拍子に結んでいたたががはじけた。

そのはじけたたがが、勢いよく飛んで旗本の陣笠をパチン!と跳ね飛ばしてしまった。

これを見た先払いの供侍、

「これっ、無礼者!これへ直れ!」

「どうかご勘弁願います。重々私が悪いのでございますが、後ろから押されたために・・」

「いや勘弁ならん!屋敷へ参れ!」

「屋敷へ行ったらこの首はついちゃおりません。

家には年を取ったお袋と親父が私の帰りを待ってるんでございます。どうか一つご勘弁を。」


それを見ていた見物客、

「なぁおい、年を取ったお袋と親父がいるってんだから、勘弁してやりゃあいいじゃねぇか。

こんな混んでる中に来るのが悪いんでぇ。

冗談じゃねぇやな!侍がなんだってんだい!おんなし人間だい!ふざけたこと抜かすねぇ!」

「おい、俺の肩越しにやいやい言うなよ。

あの侍じっと俺のほう見てるじゃねえか。俺がなんか言ってるようじゃねぇかよ。」

「かまわねぇ!」

「かまわねぇってあるかい!」

ワアワア言っている。



「いかが致しても勘弁はあいならん。屋敷へ参れ!」

「これ程謝っても勘弁してくれねぇんですかい。そいじゃあ仕方がねぇ。

おめえたちに屋敷へ参れって言われて、そうでござんすかって行く奴はいねぇや。斬るならここで斬ったらいいじゃねぇか!

下から言やぁつけあがってやがる。何言ってやんでぇ、この丸太ん棒め!

たがやは威勢のいい啖呵を切って供侍に唾を吐いた。

怒った供侍は腰の一刀をサーッと抜いた!

ら格好がいいが、普段手入れをしていないので錆びているから、ガサガサガサ!と抜いた。抜けば玉散る氷の刃、ならぬ抜けば粉散る赤鰯。

おのれ!っと振り下ろしてきたが、周りでワーッと騒いでいて後ろで殿様も見ているので、供侍、少しのぼせて手元が狂った。

たがやは振り下ろした手をグッ!と掴んで、悔し紛れに噛み付いた。

たまらず供侍が落とした刃を拾って、こん畜生め!と斬りつけた。

いくら赤鰯でも膂力がある。スパッ!と一人斬り倒された。


「おい、やったやった!どうだどうだ!斬りやがった!

偉いもんだなぁ、あいつぁ俺の親類の奴だ。」

「うそつきやがれ!」


おのれ同役の仇!ともう一人の供侍が襲い掛かるが、命を捨てたたがやに適うはずもなく、ダーッと胸を突かれて斃れた。

もう一人のほうも、二人同役が斬られるわ周りから石をぶつけられるわですぐに斬られてしまう。

殿様はもう引っ込みが付かない。槍の鞘を払って、扱いておいておのれ!とつけた。

もうたがやは三人の侍を斬り捨てたんだから助からない。欄干へ寄っかかって血の滴る一刀を持ち、

「さあこい!」

殿様、おのれ!と槍を突き出した!

槍というのは突き出すのが三分で引くのが七分。

引きようが遅いと千段巻から切られる。槍ぐらい忙しい武器はない。やり繰りってのはそれから始まった。

殿様が突いた槍を引こうとするのを、石をぶつけられたりなんだりしているので引きそこなった。

そこをたがやが千段巻からスパッ!と切り落とした。

もうしょがないから、殿様槍の柄をたがやにぶつけてきた。やりっ放しだ、こりゃあ。

一刀の柄へ手を掛けて、おのれ下郎!と抜こうとするところへ、

すっと体を近づけてサーッっとやったから、その勢いで



殿様の首が宙へスポーン!


見物の客が



「たーがやーっ!」



古今亭志ん生 名演集9 稽古屋/たがや/今戸の狐 古今亭志ん生 名演集9 稽古屋/たがや/今戸の狐
古今亭志ん生(五代目) (2005/10/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2006/08/07(月) 23:05:40|
  2. 落語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<亀田父VSやくみつる featuringガッツ石松 | ホーム | 取り敢えずⅡ>>

コメント

すごいブラック!

想像もつかないオチでした。
やり繰りの語源が本当に槍だったのにもびっくりです!
落語って面白い!!!
  1. 2006/08/08(火) 18:56:51 |
  2. URL |
  3. ナオ #-
  4. [ 編集]

ナオさん

やり繰りは、、、駄洒落です!

トリビアねたとして人に話さないように気をつけてください!

もう手遅れだったらごめんなさい。

  1. 2006/08/08(火) 19:52:29 |
  2. URL |
  3. おしり #-
  4. [ 編集]

た~がやぁw

たぶん、文字じゃなくってお話を聞くともっと面白いんだろうなぁ~って思っちゃいましたw
よくおじいちゃんが落語とかTVとかラジオで聞いてたなぁ・・
洒落が効いてて面白いですね(* ̄m ̄)
  1. 2006/08/08(火) 21:52:39 |
  2. URL |
  3. さくら #-
  4. [ 編集]

さくらさん

文字だとテンポだとか微妙な間が分からないですね。

上の落語も、実際、斬り合いのところから落ちまでは、息もつかせぬテンポで語っています。

もし興味がおありなら、podcastでニフティが落語を配信しているので、聞いてみて下さい。

ぽっどきゃすてぃんぐ落語URL
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/
  1. 2006/08/09(水) 09:33:30 |
  2. URL |
  3. おしり #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockisdead.blog13.fc2.com/tb.php/48-05efecac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

おしり

今朝のBGM

Scratch (初回限定盤)(DVD付) Scratch (初回限定盤)(DVD付)
木村カエラ (2007/02/07)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今読んでいる本

華麗なる一族〈下〉 華麗なる一族〈下〉
山崎 豊子 (1970/05)
新潮社
この商品の詳細を見る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

upする予定の記事


・みちのくひとり旅(紀行)
・LOUD PARK 06(HM/HR)
・飛竜山(登山)
・マレーシア紀行(紀行)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。