活きた金の使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワールド・トレード・センター



ワールド・トレード・センターを観た。@一橋ホール。試写会。
※ネタばれ注意!


~ストーリー~

9.11同時多発テロで2700人余りの犠牲者を出したワールド・トレード・センター(世界貿易ビル)で、

救助活動の途中に二次災害に遭って生き埋めになったNY港湾警察の二人の警察官(ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ)と、

彼らの家族、彼らを救助する人々の姿を描く。

プラトーン、7月4日に生まれてなどを手掛けたオリバー・ストーン監督作品。

~感想~

観る前は、お涙頂戴の安っぽいストーリーを予想していたが、

予想に反してなかなかいい映画だった。

生き埋めになって身動きもままならない二人。

互いに励まし合いながら、話は自然とお互いの家族のことへ。

家族に対する真摯な愛情を吐露する二人。

一方、彼らの安否を気遣う家族。

生き埋めになったと聞いて平静ではいられず、焦燥に駆られてやり場のない怒りと悲しみをぶつける。

自らの危険を顧みず二人を救助する元海兵隊軍曹やレスキュー隊員。

9.11のテロを題材にしながら、政治色を極力廃し、人間愛を前面に押し出した内容となっている。

オリバー・ストーン監督なりの暴力に対する抗議なのではないだろうか。

復讐は憎悪しか生まない。それは歴史が証明している。

復讐の連鎖を断ち切って平和をもたらすためには、こういうヒューマニズムを尊重した訴え方のほうが効果があると思う。

しかし、一部例外があり、救助活動を行った元海兵隊軍曹が、その後イラク戦争に従軍したことがエンドロールで紹介されている。それもまた人生か。

9.11のテロの背後にある中東とアメリカの関係をしっかりと理解したうえでこの映画を観なければ、

単にアメリカ万歳、テロリスト氏ね的な映画と捉えられかねない。

第2次大戦後は資本主義の敵である社会主義勢力(朝鮮戦争、ベトナム戦争など)、

ソ連崩壊後は石油利権の敵である国(イラン・イラク戦争ではイラン、湾岸戦争、現在のイラク戦争ではイラク)

を執拗なまでに攻撃してきたアメリカという国の功罪を知った上で見るべき映画だ。

また、イラクでは、生き埋めになった彼らと同じような惨禍に遭遇した人達がいたことを忘れてはいけない。

ただこの映画、上にも書いたけど、見方によっては単なる愛国心を煽るプロパガンダ映画、あるいはお涙頂戴の同情してくれ映画と捉えられる危険性がある。

アカデミー賞は正直無理だろう。

ワールド・トレード・センター公式ページ

スポンサーサイト
  1. 2006/09/14(木) 13:07:44|
  2. 映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:5
<<マーダーボール | ホーム | コンスタンティン>>

コメント

はじめまして

トラックバックから、こちらへ来てみました(^_^)
一ツ橋ホールでも試写会をやっていたんですか~。
私は、新宿厚生年金会館ホールだったんですが(^_^;)

試写会へ行ったブログの感想を検索してみると、「物足りない」「ユナイテッド93の方が面白かった」という意見が見られましたね。
  1. 2006/09/15(金) 01:32:36 |
  2. URL |
  3. としきくん #-
  4. [ 編集]

としきさん

ご訪問、コメントありがとうございます。

感想は仰る通り否定的なものが多いですね。。

なんででしょう。普通にいい映画だと思うんですが。。
  1. 2006/09/15(金) 10:29:39 |
  2. URL |
  3. おしり #-
  4. [ 編集]

その通り!

おしりさんは、ちゃんとアメリカの功罪というバックグラウンドを見た感想でとても素晴らしいと思いました。やはり、こういう映画は片側だけに感情移入してしまうため、「テロ=悲惨」と言う図式だけで終わって終いがちになります。しかし、「どうしてこのようなことが起きたのか」と言うことをちゃんと理解して見ると、また違った印象を持つことができきますよね。
アメリカの報復攻撃で、中東に同じような犠牲者が出たことを決して忘れてはいけないと改めて思いました。

あと、トラバをありがとうございました。

  1. 2006/10/02(月) 00:29:02 |
  2. URL |
  3. みやぽー #JJQdnNF.
  4. [ 編集]

みやぽーさん

トラバ返しありがとうございました。

偉そうなことを書きましたが、

要は戦争は絶対にいけないということを言いたかったんです。

でも、人間がいる限り戦争はなくならないとも思っています。とても悲しい現実ですが。。
  1. 2006/10/02(月) 10:12:49 |
  2. URL |
  3. おしり #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/07/01(木) 13:56:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rockisdead.blog13.fc2.com/tb.php/64-14ad7589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 「ワールド・トレード・センター 」

映画 「ワールド・トレード・センター 」 を観ました。
  1. 2006/09/24(日) 13:10:31 |
  2. ようこそMr.G

ワールド・トレード・センター

評価  ★★★ 「映画」としてみた場合     ★★★★「ドキュメンタリー」としてみた場合監督  オリバー・ストーン出演  ニコラス・ケイジ   マイケル・ペーニャ 作品紹介2001年9月11日、
  1. 2006/10/02(月) 00:30:23 |
  2. カフェと映画のにちようび

「ワールド・トレード・センター」

公式サイトシネマイクスピアリ、公開4目初回です。 シアター5(361席)、珍しく道が激混み、20分前に到着になりました。入場者数はまあまあ、何となくカップルが多いような気がしましたよん。
  1. 2006/10/12(木) 18:55:50 |
  2. Puff's Cinema Cafe Diary

プロフィール

おしり

今朝のBGM

Scratch (初回限定盤)(DVD付) Scratch (初回限定盤)(DVD付)
木村カエラ (2007/02/07)
コロムビアミュージックエンタテインメント
この商品の詳細を見る

今読んでいる本

華麗なる一族〈下〉 華麗なる一族〈下〉
山崎 豊子 (1970/05)
新潮社
この商品の詳細を見る

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

upする予定の記事


・みちのくひとり旅(紀行)
・LOUD PARK 06(HM/HR)
・飛竜山(登山)
・マレーシア紀行(紀行)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。